Image
Image
Image

皆さんが就活する時に、お菓子屋として言っておきたいことがあります。
お菓子作りより福利厚生(休日、勤務時間)等を1番に考えている方は是非、大手菓子メーカーや大手パンメーカーに就職し毎日同じ仕事(作業)をして下さい!
例えば、ロールケーキを巻く人は1日中ロールケーキを巻いて下さい。
専門店で求人票に書いてある内容は1年間と大しての平均勤務時間が閑散期、いわゆる暇なときのことが、記入されているところが多いです。(そこは、理解してください)

このままでは本物の職人がいなくなる?!

美味しいお菓子、お客様に喜んでいただくお菓子を作り、お客様を飽きさせない多種類のお菓子を作るには時間がかかります。根気も体力も必要です。ちょっと前までは、時間に関係なく夢を盛岡市作りに邁進した人がたくさんいましたが、最近は人手不足や国の働き方改革で働く方にとっては良い環境です。その代わり、夢を持つ!将来独立する!という思いの方がかなり少なくなりました。
お菓子屋にとってはかなり厳しい環境になりました。

このままでは菓子職人がいなくなります!!

私たちが一緒に働きたい方は、純粋にそして素直にお菓子作りをしたい方です。
休日や給料は大手にはかないません。福利厚生ばかり見ている方は是非大手メーカーで働いてください。
専門店ではお菓子作りのやりがい等が必ず見つかると信じています。

社会保険とお金に対する考え方

お時間がある時に一読していただければと思います

当店は現在個人事業主であり、社員も5名以下で事業を営んでいます。
そのため法律的にも社会保険の加入は未加入でもよいとなっております。
昨今、保護者の方や親御さんは社会保険加入が必須とお考えになっている方、または加入していなければ不安、よい会社ではないと考える方もいらっしゃると思いますが、私は少し考え方が違います。

もちろん法人や社員が5名以上になれば社会保険に加入します。
ただ新卒で20歳前後の皆さんに50年後の70歳や75歳の時を考えて職場を選ばせますか?

50年後の日本がどうなっているのか?今と同じだと思いますか?

独立して店を持つ夢をお持ちでしたら、それを実現するためには社会保険加入より、どれだけ仕事が覚えられるかではないでしょうか。

独立をすれば皆さんほとんどの方が個人事業主の国民年金からのスタートになるでしょう。

それにこんなことを言うのもどうかと思いますが、新卒で入って職場に10年、20年働きますか?
働いてくれますか?

 

私は今の大人が子供の未来や可能性を奪っていると思います。
親の価値観を子供に押し付けていないでしょうか?
フランスでも2極化していて製造作業員として働く方はきっちり時間通りに帰り、職人(パティシエ)として働く方は時間に関係なく仕事をしているそうです。
あなたはどちらですか?
製造者業員を希望されるのでしたら大手メーカーをお勧めします。

 

皆さんは知っていましたか?

前年学生等で収入を得ていない場合は1年間、国民健康保険の支払いはありません。
社会保険の場合は1ヶ月目より給料の4.96%を負担しなければなりません。
2年目からは私どもも保険金額を考えた上で昇級をしようと現在検討しています。

また、iDeco等の個人型確定拠出年金等の知識を教え知ってもらい希望のある自分の未来に向かって考えていただければと思います。

ディマンシュマタンでは3日間の就職お試し体験を行なっています。

Image

インターンとは違い、働く目線でよりリアルな現場を体感していただき、私たちが大切にしているモノづくりに対しての想いなどもお伝えします。3日間の中では、製造体験・販売体験・先輩パティシエとの対談・経営者との対談等様々な内容を用意しております。
時間が合えば、お店終了後、懇親会も開催してよりスタッフの本音を感じてもらえればと思います。

皆さんのお菓子屋さんに対するイメージがより、リアルに代わる大切な3日間になってくれればいいなと思います。お申し込みはお気軽にお電話にてご連絡ください。